2016年12月12日

その電動自転車大丈夫ですか??消費者庁より注意喚起がきています。

消費者庁から注意喚起が来ていました。

電動アシスト自転車の道路交通法違反に付いてです。

今回は乗り方ではなく

製品についての問題です。

道路交通法では、電動アシスト自転車とはこんなものです。と詳しく決まっています。

その決まりに違反している自転車が普通に販売されているので気を付けてくださいって事です。


2016-12-08 11.34.20.jpg



実は日本の電動アシスト自転車は複雑で

時速24km以上の時にアシストしてはいけないとか

踏み込んだ力の2倍までしかアシストしてはいけないなど

複雑な決まりが沢山あります。



アシストするのはモーターなので

踏み込む力が、とか言わずにモーター回してた方が作る方も楽なのですが

その規制の為にワザワザ、コンピューターでモーターの力を押させているのが現状です。



なぜそんな決まりがあるの??っていうのを簡単に考えると

バイクと自転車の区別が無くなるからかなと

一部の規制だけを見れば

自転車に自走されたら、ただでさえ売れないバイクが売れなくなるのは解っているし

バイクに付随する税金も取れないとなれば

バイクを保護をするのは当然と言えば当然かもしれません。

勿論、利用者を守る為にある決まりもあるのですべての規制が悪ではありません。



で、一番の問題はこの規制が見た目では解りにくいって事と

利用している人もそれほど悪いとも思わずに乗っているので

大事になるまでその罪の重さに気がつかないって事です。



取り締まる方も一々自転車の種類覚えてません。

形は似たりよったりなので

動いてる自転車のモーターとか電池を見て判断するなんてとても無理です。



売る方も、もともとまともな自転車店は売らない商品なので

売ってるのは大手ディスカウントとかなので

まともにお客さんの情報管理していません。

リコールでたので連絡などとても出来ないのです。

(と、昔リコール出したあるメーカーさんが嘆いていました)




【ココからが重要だと思います】

なので、例えば違反した自転車で事故にあう(おこす)時が来たとします。

その電動アシスト自転車が違法で

バイクとしての取り扱いになった時どうします??って事です。

違法バイクでの事故とか保険も何処まで対応してくれるか解りませんし罰金も凄そうです。



車と事故にあったとして、こっちが自転車なら相手方が悪い事も

こっちが違法バイクとなれば話が別。って事もあります




なので怪しい電動アシスト自転車をお持ちであれば

直ちにご確認頂く事をお勧めします。

消費者庁のページへ


ちなみに、当店での取り扱いは一切ありませんので御安心ください。

PASTEL(パステル)、SUISUI(スイスイ)、タスカルなどはよく聞く名前なので

お持ちの方も多いと思います。


□■■□□■■□□■■□□■■□
836-0832
福岡県大牟田市常盤町1-8
九州車輌販売有限会社 大牟田本店
0944-56-1122(店頭販売の方)
火曜日定休 駐車場有
09:00-19:00

ママチャリ、婦人車、電動自転車、ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク、MTB、子供自転車、幼児自転車などなど幅広く取り扱っています。